消費税率改定に向けて

2019年6月24日

今年10月からいよいよ消費税率が改定されるとともに、軽減税率制度がスタートします。食料品や新聞などは旧税率8%のままであることは、皆さんお分かりだと思いますが・・・実は同じ8%でも中身が違います。
つまり9月30日までの8%の内訳は、国税6.3%と地方税1.7%であるのに対し、10月1日以降はこれが6.24%と1.76%に変わります。同じ8%であっても国と地方の取り分の割合が変わるという事ですね。ちなみに10%消費税の内訳は国税が7.8%、地方税が2.2%です。
なので、実際に消費税額を計算する際はその期日によって区分することが必要となります。面倒くさいですね。

コメントなし »

RSS feed for comments on this post. トラックバック URI

Leave a comment